staff blog

スタッフブログ

マイホーム購入のメリットとデメリットって何?

  • 2020.4.21
  • 住宅資金の話

 「マイホームを買うことによるメリットやデメリットを知りたい。

住宅の購入を検討されている方の多くがこのような悩みを抱えているのではないでしょうか。

マイホームの購入は人生の中でも大きな出来事なので慎重に考えたいですよね。

今回は賃貸と比較した際のマイホームを購入するメリットとデメリットを紹介します。

 

マイホーム購入のメリット

 1つ目は、間取りやデザインの自由度が高いことです。

賃貸物件の場合だと、契約した際の間取りを変更することはできないですよね。

一方で、マイホームはデザインが決まっているものもありますが、基本的に自分好みのデザインを選べます。

料理が好きな方であれば、広々としたキッチンや好きなオプション設備を取り付けることも可能です。

当社の場合、デザインや間取りの設計で可能な限りお客様の意志を反映するため、いくつかの選択肢の中からビュッフェのようにお選びいただいています。

マイホームを理想の家に近づけるために何から始めていいかわからないとお悩みの方はお気軽にご相談ください。

2つ目は、資産が増えることです。

住宅を購入する目的はそこに長年住み続けることだけではないでしょう。

賃貸住宅とは異なり、マイホームを購入すれば、その家が自分の資産になってお子さんの世代まで残せます。

さらに、急に多額のお金が必要になった場合や投資目的でマイホームを購入した場合は、その家を売却すれば資産価値相当のお金を準備することもできるのです。

また住宅ローンの返済が終了すれば、固定資産税は支払う必要があるものの、賃貸住宅のように毎月の家賃を払う必要はありません。

そのため将来に不安がある方や住宅を資産として保有したいとお考えの方は、マイホームの購入をおすすめします。

 

マイホーム購入のデメリット

 1つ目は住宅ローンの返済が終わるまで住宅ローンを支払い続ける必要があることになります。

賃貸であれば収入に変動があっても引っ越すという対応ができますが、マイホーム購入でローンを組むと契約した金額分の返済をしなければなりません。

そのため、急なリストラを宣告されて収入が減少したとしても、購入前の返済計画通りローンを返す必要があります。

不測の事態に陥った時の対応策はマイホームを購入する前に考えておきましょう。

 

2つ目は、すぐには引っ越せないということです。

賃貸の場合は転勤や子供の進学に合わせた引っ越しの必要が生じた時、契約を解除すればその家を出ることはできます。

一方、マイホームを購入してしまうと、それを引き払ったり、貸し手を探したりするのには時間も労力もかかりますよね。

住み続けるか分からない場合は、売り手を見つけやすい物件かどうかを見極めて購入するのも1つの選択肢かもしれません。

 

まとめ

 今回は賃貸物件と比較した際のマイホームを購入するメリット・デメリットをご紹介しました。

マイホームの購入に際して、住宅ローンの返済は細心の注意を払いましょう。

そして、自分の理想を反映させた家に住みたいとお考えの方はマイホームの設計や購入の手続きなど、お気軽に当社にご相談ください。