staff blog

スタッフブログ

年収300万円台でも住宅ローンを組んで住宅を購入できるの?

  • 2020.4.25
  • 住宅資金の話

今の年収が300万円台でも住宅ローンは組めるのだろうか?

住宅の購入を考えている方の中で、このようにご自身の収入面でお悩みを抱えている方も多くおられます。

自分の年収にマッチしたお家の予算を決めたり、その予算をもとに住宅ローンの組むことはなかなか難しいですよね。

そこで今回は、住宅ローンの仕組みと審査への対策をご紹介します。

 

収入が多くなくても住宅ローンは組めるのか

収入があまり多くない方でも住宅ローンの審査に通ることは可能です。

一般的に住宅ローンで1年に返済する金額の目安は、年収の4分の1と言われています。

この基準を目安にローンを組んでおられる方も多いです。

 

一方で、どうしても目安になる予算より少し高く設定したいと考える方もおられます。

そうした場合には収入合算という方法があります。

 

収入合算とは奥さんや親世帯の収入を合わせて、ご自分の家庭の所得としてローンを組む方法です。

例えば、ご自身の年収が300万円でも、親世帯との合算年収で500万円ならば、住宅予算を増やすことができ、ローンを組む際の信用度が増します。

ご家族の協力がどこまで得られるかは状況によって異なりますが、ご家族で協力してより快適なお家を購入できると良いですよね。

 

同時に、生活費などの家計と照らし合わせたときに、月々の負担が大き過ぎてしまうと日々の生活を圧迫してしまうのでその点はご注意ください。

 

住宅ローン審査への対策

※必要な書類をいくつか用意しておく

審査基準は金融機関によって異なるため、同じ書類でも審査が通る場合とそうでない場合があります。

審査に落ちて、次の審査に向けて再び書類を揃えるというのは非常に手間がかかってしまいます。

最初に書類を準備するときに、通らないことも想定して複数準備しておくと通らなかった場合にスムーズに次の金融機関の審査に進めることができます。

 

※お家の予算を抑える

やはり一番の対策として、できるだけマイホーム予算を抑えておくことも肝心です。

いろいろな要望を取り入れるとなると予算が上がってしまうため、優先度を決めるなど調整いただいた方が審査に通りやすくなります。

返済の実現性の低いお家を建てようとすれば、返済が可能なのかを疑われてしまうため、審査には通りづらいです。

計画的に返済していける可能性の高い価格に予算を考えてみてください。

 

住宅の価格は年収のおよそ5倍くらいの価格が目安と言われていますが、購入する土地の条件などによっても変わります。

そのため、年収300万円台の方は、約1500万円くらいの価格のお家で考えていただくと審査が通りやすくなるかと思います。

 

まとめ

今回は住宅ローンの仕組みと審査への対策についてご紹介しました。

収入が多くなくても工夫次第でローンを組むことは可能です。

無理のない計画でマイホームを手に入れることがベストですよね。

ご自分の年収でマイホームが建てられるのかどうかご不明な点等がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。