staff blog

スタッフブログ

戸建ての維持費って何があるの?かかるコストと平均金額を紹介

  • 2020.5.22
  • 住宅資金の話

戸建ての維持費って具体的に何があるのかな。

戸建ての平均的な維持費はどのくらいなのか知りたい。

 

戸建ての購入をお考えの方は、このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

マイホームの購入の目処はたったものの、維持費について気になるという方は多いはずです。

そこで今回は、戸建ての維持費について解説します。

 

※維持費の内容

 

*固定資産税などの税金

 

 

固定資産税は、土地および家屋にかかる税金です。

市町村が税額を計算し、納税額の通知が届きますので、その金額を収めます。

納税額の算出の仕方は、課税標準額に1.4パーセントの標準税率をかけた額となります。

 

市町村によって、この課税標準額は異なり、また納期期限も変わってきます。

期限過ぎて超過分の税金を払う事の無い様に、自分の市町村の納期期限は覚えておいた方が良いと思います。

 

*外装や設備の修繕費

戸建てで暮らしていると、外装や設備を修繕する必要があるかもしれません。

例えば、外壁や屋根の塗装、水回りの設備交換、エアコンの修理などがあります。

こうしたトラブルは定期的な点検によって未然に防いだ方が良いと思います。

 

当社では、3~6カ月、1年、3年、5年などで建物の定期点検を行っています。

それにより、トラブルを未然に防ぐこととなれば、高額な修繕費をかけることなく対処できる可能性が高くなります。

 

しかし、住んでいるとどこかに劣化が出てしまう恐れがあるので、修繕費はやむを得ない出費かもしれません。

 

当社は引き渡し後3年以内であれば、内装や外装の不具合を無償でメンテナンスしています。

 

また、引き渡し後10年以内は24時間365日の緊急かけつけサービスも行っています。

日常の中での些細なトラブルから大きなトラブルまで、専門知識を持ったスタッフが対応するため、安心してください。

 

 

*損害保険料

 

近年は特に災害も多く、住まいに対する万が一の備えは必須と言えます。

当社は、保険代理店から火災保険についてのご連絡をさせていただいています。

保険プランに関しては、納得されるまで、何度でも無料相談を受けつけています。

また、住宅購入者であればお得なプランを提案させて頂きますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

※戸建ての平均維持費

 

住まいを購入する際には、住宅建設にかかる費用に着目しがちですよね。

しかし、住宅を建てる際にかかる費用だけでなく、維持費についても考える必要があります。

税金、保険料、修繕費などを含め、平均は年間で約15〜30万円が必要だと言われています。

 

これらの維持費を抑えるには、メンテナンスやアフターサービスのある、会社を選ぶ必要があります。

当社には、定期点検を行ったり、あんしんサポートの損害査定をしていたりと維持費を抑えるプランが充実しているため、安心してご利用ください。

 

また、修繕費を抑えるには耐久性が高い住宅を作ることも重要ですよね。

当社は、床や建具、階段、窓枠などに天然木を使用しています。

天然木は100年以上長持ちするため、かなり良いと思います。

 

天然木を使用している住宅は夏に涼しい、冬は暖かい特徴があるため、光熱費の節約にもつながります。

維持費の負担をできるだけ少なくしたい方は、ぜひ検討してみてください。

 

※まとめ

 

戸建ての維持費についてご理解いただけたでしょうか。

かかる費用をあらかじめ把握することで、賢く家計のやりくりができます。

綿密な資金計画を立てて、素敵な新生活のスタートのきっかけとなれば幸いです。

また、わからないことや不安なことがあれば、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。