column

住宅コラム

今週のTOPIC「勾配天井平屋のメリットとデメリット」

  • 2020.5.30

勾配(こうばい)天井を採用した住宅は、

開放感があるため人気があります。

 

また、勾配天井と平屋を組み合わせることで、

新たなメリットが生まれるケースもあります。

 

今回は、

勾配天井の平屋だからこその魅力と

デメリットや注意点についてお伝えします。

 

◆平屋を勾配天井にするメリットとは

 

勾配天井の平屋を建てる前に、

まずは「勾配天井」が

どのようなものなのかを知っておきましょう。

 

勾配天井とは、

天井となる面に傾斜がつき、

斜めになっているものを指します。

 

住宅密集地などで

周囲への日当たりや風通しを

確保するための斜線制限が

定められている地域では、

比較的傾斜の大きな屋根が多く見られます。

 

では、この勾配天井のメリットは

どのような点なのでしょうか。

 

  • 屋根裏になる空間を活用することで

平屋でも生活空間が広がります。

 

勾配天井のある家では、

屋根裏にあたる空間を活用できます。

 

たとえば、屋根裏にあたるスペースを

ロフトとして活用したり、

リビングの天井を高くしたりすることが

可能です。

 

平屋はどうしても

居住スペースが狭く感じられがちです。

 

しかし、勾配天井の平屋にすれば、

開放感のある設計になるだけではなく、

実際に生活空間を広げることもできます。

 

 

  • 平屋でも通期性が高くなる

 

天井が高くなることで、

高い位置に窓を設置することができます。

 

高窓と腰窓を開ければ、

暖かい空気は高窓から外へ、

新鮮な空気は腰窓から中へと流れます。

 

このような窓の設置にすると、

自然と空気の流れが生まれるため

通気性が上がります。

 

また、高い位置に

採光用の窓を取り付けることもできるため、

部屋を明るくすることも可能です。

 

従来の平屋では難しかった換気や

太陽光の取り入れなどが、

勾配天井のおかげで実現する可能性があります。

 

 

◆勾配天井の平屋のデメリットはどこにある?

 

勾配天井には

さまざまなメリットがある一方、

デメリットもあります。

 

良い面ばかりではなく、

注意点をきちんと知っておくことが

賢明な選択をするために不可欠です。

 

勾配天井を採用する際に気をつけるべき

ポイントを紹介します。

 

 

  • コストが高くなる可能性

 

勾配天井を採用した場合、

天井高が低くなることで

コストが安くなるケースがあります。

 

しかし、勾配の分だけ壁の面積が広くなり、

費用が高くなる可能性もあるため

注意が必要です。

 

勾配天井を採用する際には、

費用についてチェックをしながら、

間取りに応じて勾配をつけるなどの工夫も

検討するようにしましょう。

 

 

  • 部屋が暑くなりやすい

 

一般的な住宅では、

屋根に太陽光が当たることで

発生する熱を屋内に通さないようにするため、

屋根裏などに断熱材を使います。

 

ところが、勾配天井の場合、

屋根にあたった熱を遮断する部分がないため、

熱が直接部屋に伝わってしまうのです。

 

 また、天井が高くなることで

暖かい空気が高いところにとどまるため、

エアコンなどをつけても

なかなか部屋の温度が下がらないケースも

あります。

 

断熱性の高い建材を使用したり

シーリングファンを設置したりするなど、

暑さ対策を考えておくことが重要です。

 

 ただし、

これらの設備についても

費用がかかるため、

全体のコストのバランスを見つつ

考える必要があります。

 

 

  • メンテナンスに手間がかかる

 

勾配天井を採用した場合、

天井が高くなることで

開放感が生まれる一方、

高い場所のメンテナンスが大変になります。

 

照明の設置や取り換えも簡単ではなく、

あらかじめ対応方法を

考えておくことが必要です。

 

すべての部屋を勾配天井にするのではなく、

個室は通常の天井にするなど、

メンテナンスの手間を減らす工夫も

考えておくべきです。

 

 また、高い天井の部屋でも

十分に明るく照らすには、

一般的な蛍光灯では難しいため、

高い天井からつり下げるタイプの

照明器具などを設置しなければなりません。

 

しかし、そのような電灯は

地震の際に破損する可能性も高く、

あらかじめ対策が必要です。

 

 

◆まとめ

 

メリット・デメリットを理解したうえで

勾配天井のある平屋を検討しましょう。

 

改めて勾配天井の平屋の

メリットとデメリットをおさらいします。

 

・勾配天井とは天井全体が

1つの斜面になっているものを指します。

 

・屋根裏の空間を利用できるため

平屋でも生活空間を広げられます。

 

・通気性が高く、

太陽光を取り入れやすい設計にもできます。

 

・屋根裏がないために外からの熱を

通しやすく部屋が暑くなりやすです。

 

・一般的な住宅よりもメンテナンスが

手間になったり専用の設備を揃えたりする

必要があります。

 

実勾配天助の平屋を検討する際には、

現場見学会や住宅展示場にて

実際の建物を見学してみると

よりイメージが湧くと思います。

 

それでは、また!!