column

住宅コラム

 今週のTOPIC 「浴室のプライバシー!」

  • 2020.10.17

照明に気を付けましょう

 

夜お風呂に入るとき、

窓のブラインドには気を付けても、

意外と気がつかないのが照明です。

照明の位置によっては、

ブラインドや窓ガラスに

体のシルエットがうつりやすくなります。

 

最も悪い例は、

窓とは反対側の壁に

照明がついているケースです。

 

これではシルエットが

窓にうつってしまいます。

 

また洗い場が影になり、

薄暗い雰囲気になります。

 

照明は窓の近くに取り付け、

シルエットのうつり込みを防ぐと共に、

影を少なくしましょう。

 

雰囲気のある照明を作りたい場合は、

足下に電球色の照明を取り付けると

落ち着いたシーンが演出できます。

 

特にプライバシーが気になる方は、

浴室をあまり明るくしない方が、

落ち着いて入浴できるでしょう。

 

 

窓をどの位置につけるか

 

窓の大きさや位置もポイントです。

最近は浴室の窓を

大きくとるケースが増えていますが、

周囲に家が建て込んでいて、

入浴中に常にブラインドを

下ろすようであれば、

小さな窓の方が安心感があります。

 

窓が小さい場合は、

自然の通気を確保するために、

床に近い場所に吸気用の窓を、

天井に近い位置に排気用の窓をとります。

 

こうすると暖かい空気が上昇し、

効率よく排気できます。

 

また高い位置の窓は

プライバシーを守りやすく、

入浴中に開けておくことも出来ます。

 

自然光を沢山とりたい場合は、

天窓を取り付ける方法もあります。

 

天窓は煙突のように

効率的な排気もできます。

 

ただし水滴がつきやすいので、

窓に傾斜を付けると

水滴が下に落ちるのを防げます。

 

天窓とはいえ、

透明ガラスが心配な方は、

型板ガラスなどを使うとよいでしょう。

 

 

中庭を有効利用する

 

中庭があるプランの場合、

中庭側に浴室の窓を付けると、

プライバシーを守りながら開放感を楽しめます。

 

スポーツ好きの家族の場合、

外から浴室に出入りできるようにすれば、

家の中に入らずに直接入浴できて便利です。

 

中庭を木製デッキやタイル貼りにすると、

裸足のままで外に出られます。

 

湯上がりにガーデンチェアで涼んだり、

ホテルライクな暮らしが楽しめそうです。

 

この場合、

中庭の壁を高くしてプライバシーを守ります。

 

ちなみにこうした中庭を

「バスコート」といいます。

 

浴室に外から直接入れるようにした場合、

浴室の防犯性が低くなるので、

中庭に鍵のついたドアを設けるなどの

工夫が必要です。

 

 

ハーフユニットという選択肢

 

一戸建ての住宅でも、

最近はユニットバスの浴室が

標準となっています。

 

浴室に天然木やタイルを使いたい場合、

ユニットバスではなかなか実現できません。

 

しかし建設業者は

ユニットをすすめるケースが多いのです。

 

その理由のひとつはメンテナンスの問題です。

 

在来工法(昔からの浴室の作り方)では、

年数が経つと床の防水効果がなくなり、

水漏れを生じることが多く発生します。

 

1階の浴室なら問題ないように思えますが、

土台などに水が染みこむと、

腐ったり、白アリを呼ぶこともあります。

 

ユニットバスと在来工法の

良いところを合わせ持つのが、

ハーフユニットバスです。

 

これは浴槽の高さまでのユニットバスで、

壁や天井の仕上げは自由に選べます。

 

開放的なガラスの壁を作れるなど、

ユニットバスに比べ自由度が高く、

防水工事がいらない分、

在来工法よりも安全で

コストが下がるケースもあります。

 

ちなみにデザインがシンプルなものが、

建築家には人気です。

 

 

気持ちしだいで浴室はもっと楽しくなる

 

最近は、ユニットバスの仕様が豪華になり、

価格も高いものが増えました。

 

液晶テレビや

ミストサウナ、ジェットバスなど、

気持ちをリラックスさせる機能が

充実しています。

 

浴室はただ入浴するだけでなく、

ホームシアターなどと同じく、

帰宅後の時間を楽しむ空間に変化しています。

 

浴室は裸で過ごす場所なので、

肌に触れる(近い)素材には、

やはり本物の材料を使いたいものです。

 

人の肌は、

ものから出る赤外線などを

微細に感じているといわれます。

 

天然木風やタイル風の素材よりも、

一部でもいいから本物の木やタイル、

石などを使った方が、

気持ちをリラックスさせる効果は

高まるのではないかと思います。

 

それでは、また!!