column

住宅コラム

■ 今週のTOPIC「自然の力を利用した涼しい家!!」

  • 2021.4.17

地球温暖化が進み、

夏の暑さが年々増しています。

 

夏本番になると、

家の中にいたとしても

熱中症になる恐れも指摘されるほどです。

 

そこで、確実に涼を求めるなら

冷房をすればよいのですが、

クーラーがどうしても苦手な人、

そこまで冷やさなくてもいい、

という人には

自然の力を利用した涼しい、

家(住まい)という考え方があります。

 

 

◆自然の力を利用した涼しい家

 

冷房などに頼りきらず、

自然の通風、換気、日射遮蔽、植栽

の効果によって

「夏に涼しく住むことのできる家」

のことです。

イメージとしては、

自然の力を利用して涼を得る、

どちらかというと

受け身的(=パッシブ)な方法です。

 

この方法で涼を得るためには、

住まいの断熱性能がよいことは必須条件です。

 

現在の家では当たり前ですが、

高断熱、高気密の仕様となります。

 

 

◆日射遮蔽と通風が二大ポイント

 

自然の力を利用した涼しい家にする際に

特に気をつけたいのは

「日射の遮蔽」対策です。

 

夏場の日射エネルギーを

いったん家の中に取り込んでしまうと

なかなか外へ逃がすことが難しくなるため、

屋根、外壁、窓からの日射遮蔽を

十分に検討しなければなりません。

 

その上で効果的な通風を得て、

熱を逃がすことです。

 

この二つが

「自然の力を利用した涼しい家」の

大きなポイントになります。

 

 

◆窓の日射対策には

 「庇」「すだれ」「植栽」が有効

 

窓の日射対策では

高性能の窓ガラスを

使用することも大切ですが、

その窓に直接日射が届かなくする

工夫が必要です。

 

その代表的なものに「深い軒」や「庇」、

「すだれ」や「植栽」などがあります。

 

いずれも建物の外側で

きちんと日射を遮蔽することで、

室温の上昇を防ぎます。

 

また、日射を遮蔽する面の位置ですが、

窓のすぐ外側というよりも、

窓面からなるべく離したほうが、

室温上昇を抑える効果があります。

 

 

◆地域ごとの風の流れを把握する

 

先ほど伝えましたの日射遮蔽に続いて

大切なことは、自然通風の取り込みです。

 

住まいの中を風が通り抜ければ

自然な涼しさを感じるとともに、

家の中にこもった熱を排出してくれます。

家の中を風が

通り抜けやすくするためには、

ただやみくもに窓の数を

増やせばいいものではありません。

 

その地域毎の風の特性を理解し、

風を屋外から屋内へと

誘導するような窓の計画が必要です。

 

 

◆通風に効果的な窓のつくり方

 

通風に効果的な窓にするためには、

風上側の窓を地面に近い低い位置に設け、

風下側の窓をなるべく高い位置に

設けると良いでしょう。

 

室内にこもった熱い空気は

上の方にたまっています。

 

通風を利用して

上の方にたまった熱い空気を

外部に排出するのです。

 

トップライトを設けたり、

階段上部に風の出口になる窓を設けるなど、

高低差を利用した通風計画が効果的です。

 

 

◆敷地周辺の環境もチェック

 

自然通風には、

敷地周辺の環境も大きな影響を与えます。

 

例えば高層ビルに囲まれた立地や

住宅密集地などでは

風の流れも変わります。

 

それらの条件も考慮して

効果的な窓の配置を考えましょう。

 

 

◆自然通風の活用は外気温が高い時はNG

 

今回、自然を生かして涼を得る

自然の力を利用した涼しい住まいに

必要な条件として、

日射遮蔽と自然通風に着目しました。

 

自然通風に関しては、

外気温が高い場合は

室内に熱い空気を取り込むことになるため、

目安として外気温が

26℃から28℃程度を下回る場合に

適しています。

 

また、冬場には

自然の力を利用した暖かい家

という考え方があります。

 

暖かい太陽光を取り込んで、

自然の力を最大限利用して

温かく住まうという考え方です。

 

寒い季節になりましたら、

お伝えしたいと思います。

 

それでは、また!!