column

住宅コラム

■ 今週のTOPIC「パントリーの収納方法や活用のコツ!」

  • 2021.10.23

パントリー(Pantry)とは、

キッチンやダイニングなどに

隣接させたり、

キッチンスペース内に設けられた

小さな部屋(スペース)のことです。

 

食料だけでなく、

食器や調理道具などを

貯蔵、収納するために

利用される空間です。 

 

食材や保存水などを

まとめて購入する

生活スタイルであったり、

キッチンスペースは

すっきりしておきたいという場合など、

パントリーは、

取り入れたいプランのひとつでしょう。

 

 

◆パントリーの魅力とは?

 

最近の家づくりでは、

LDKをひとつの空間としたプランが

増えてきました。

 

家族のコミュニケーションの場として、

キッチンを住まいの中心に据える、

というケースもみられ、

家具のようなデザインの

システムキッチンも増えてきています。

 

LDKがひとつの空間となることで、

キッチンまわりは、

いつもきれいにしておきたい、

美しく保ちたいという方も多く、

バックヤード的なパントリーは

注目されています。

 

プランニングにもよりますが、

急な来客などの際に、

雑多なモノを

一時的に収納しておく場としても

重宝するでしょう。

 

 

◆パントリーには2種類のタイプ

 

パントリーには、

ウォークインクロゼットのような

小さな専用の部屋を確保する場合と、

 

壁面を利用して収納スペースを

設けるケースがあります。

 

いずれの場合も、

検討する際には、

調理中に必要なものを

すぐに取りに行きやすい場所に

配置することと、

 

何がどこにあるかが分かりやすく、

取り出しやすいこと、

賞味期限や在庫などを

管理しやすい収納プランと

することが重要でしょう。

 

また、構造やプラン、

空調設備などにもよりますが、

食品の保存ということを考えると、

強い日差しを避けることができる

配置(北側もしくは東側)と

したいものです。

 

 

◆パントリー専用の

 小部屋を確保する場合の工夫と注意点

 

  • 収納方法に工夫を

 

専用の小部屋(ウォークインタイプ)を

確保できる場合、

収納するものに合わせて

棚を設けるというのが一般的です。

 

内部のつくりは、

食品など、細かなものも多いので、

奥行きを取りすぎないようにすることが

基本です。

 

既製のラックなどを取り入れたり、

DIYで造作しても大丈夫です。

収納するもの別に、

箱や籠を利用して、

出し入れしやすいように

並べるのもいいでしょう。

 

 

  • 換気に配慮、コンセントを設けて

 

プランニングによっては、

パントリー内に

冷蔵庫やワインセラーを

設置するケースもみられますが、

家電製品を使用したり、

充電が必要なものを収納するのであれば、

専用のコンセントを設けておきましょう。

 

広さや配置にもよりますが、

換気ができる窓や換気扇なども

必要な場合もあるでしょう。

 

また、

出入口の扉にも配慮したいものです。

 

デザイン性はもちろんですが、

空気がこもらないように

通風可能なタイプもいいでしょう。

 

普段は行き来しやすいように開け放し、

来客の時には閉めて隠すことができる

引戸スタイルがおすすめです。

 

 

  • 玄関(勝手口)につなげても便利

 

パントリーの配置は、

キッチンに隣接させるだけでなく、

玄関(勝手口)からパントリーを通って、

キッチンに行くことができるような

プラン(ウォークスルーのパントリー)も

考えられます。

 

買い物から帰宅し、

そのまま荷物を

パントリーに置くことができるので、

動線的にも使い勝手がいいでしょう。

 

玄関からキッチンへの裏の通路として

利用できるものです。

 

 

  • 家事コーナーを兼ねるケース

 

パントリーを食品など収納だけでなく、

家事コーナーを兼ねた空間として

プランニングするのもいいでしょう。

 

簡単なカウンターや棚を設置して、

パソコンでレシピを確認したり

家計簿をつけたりと

 

子供の学校のレターや

町内会のお知らせなどを

まとめておくスペースがあると

重宝します。

 

 

 

◆壁面を利用してパントリーを

 設ける場合の工夫と注意点

 

 

  • 造作収納とするか、

 キッチンの周辺ユニットを設置するか

 

壁面を有効活用してパントリーとするには、

造作として収納スペースを

確保し棚を設けるプランと

 

システムキッチンの

周辺収納ユニットなどを

取り入れるケースが考えられるでしょう。

 

キッチンメーカーの収納ユニットには、

幅や高さのバリエーションはもちろん、

食品や食器、家電などに合わせ、

収納しやすい工夫が施された

棚やラック、引き出しなどが

揃っています。

 

商品にもよりますが、

スペースや収納するものに合わせて選び、

組み合わせることが可能なタイプも

存在します。

 

デットスペースになりやすい

コーナー部分を利用したユニットなども

みられます。

 

 

  • 使い勝手やプランに合わせた扉を選ぶ

 

壁面の場合、

動線や使い方、

収納するものに合わせた

開閉方法の扉を選ぶことが重要です。

 

扉には、

開戸や折戸、引戸タイプがあるので、

ダイニングなどからの見え方にも

配慮して選択をしましょう。

 

最近では、

限られたスペースでも

設置可能な引戸タイプも充実しています。

 

扉を開くことで、

ひと目で収納物が分かるので、

無駄なく作業することができるのが

メリットです。

 

システムキッチンはもとより、

インテリアに合わせたデザイン、

半透明の素材を使ったタイプなども

揃っています。

 

 

◆パントリー設置前に、

 何を貯蔵・収納したいのか、

 種類と量をリストアップ

 

パントリーに限ったことではありませんが、

収納プランを考える際には、

何を、どのくらい、収納するのかを

明確にすることが基本です。

 

まず、常時ストックしている

食品の品目と量を

リストアップしましょう。

 

お米やお酒、水、麺やパスタ類、

レトルトやインスタント食品、

お菓子、非常食(保存食)など、

現状の暮らしの中で、

どのくらいストックしているのかを

書きだしてみることが大切です。

 

食品以外でも、

日常的には使用しない調理道具や

家電製品

(カセットコンロや鉄板焼きグリル、

ミキサーなど)も

収納しておくと

便利な場合もあるでしょう。

 

 

◆キッチンや住まい全体で

 パントリーの検討を。

 将来の変化も予測して

 

もちろん、パントリープランは、

単体で考えるものではなく、

キッチンプランや

住まい全体の間取りと

同時に検討するものです。

 

何をどこに収納するのか、

ひとつひとつ確認することで、

パントリーの必要性、

広さや空間のつくりが

明確になっていくでしょう。

 

新しい住まいでの暮らし方を

イメージしながら

プランニングすることが重要です。

 

また、現在だけでなく

将来の変化も考えることも大切です。

 

家族が増えたり、

子どもが大きくなれば、

パントリーに収納するものが

増えるケースがあります。

 

家族構成やライフスタイルを考慮して、

検討するようにしましょう。

 

それでは、また!!