column

住宅コラム

■ 今週のTOPIC「住宅ローンと老後の資金」

  • 2021.12.27

40歳代 50歳代の殻が

家づくりを行うとき、

住宅ローンの返済、また老後資金に

不安を感じているという方は

少なくありません。

老後の資金を、

一般的な家計の収入・支出を参考に

計算すると

100歳まで生きると

2000万円が不足するそうです。

では、40歳代 50歳代の方は

どのローンを組み

自己資金を準備するのが

よいかをお伝えします。。

◆老後の資金の目安は?

まずは老後資金が

どれくらい必要なのかお伝えします。

住宅ローンを

シュミレーションすると

100歳くらいまで

長生きすると設定すると

65歳から69歳までが

約75,000円×60ヵ月

450万円

70歳から74歳までが

約66,000円×60ヵ月

396万円

75歳から100歳までが

約38,000円×300ヵ月

1140万円

となり

約1986万円が

不足するという結果が出ます。

皆様も 

平均余命や例えば120歳まで

長生きするとどうなるかなどを

計算をしてみたり、

老後の想像をして

収入や支出の内訳を

シミュレーションしてみてください。

インターネット検索で、

「住宅ローン シュミレーション 老後」

で検索すると

皆様でも簡単に

シミュレーションが可能です。
 

◆収入・支出見込みを入力しましょう。

シミュレーションを行う際は

可処分所得の項目を

ご自身の収入見込みに

変更して下さい。

老後の収入源は、

殆どの方が、年金のみ

になるかと思います。

年金は、

日本年金機構の「年金ネット」で、

年金見込額を試算することが可能です。

年金ネットは基礎年金番号があれば、

だれでも使えますので、

チェックしてみましょう。

試算結果で、

世帯の年金見込みが

平均を上回っていれば、

安心できると思います。

◆住宅購入や老後資金の前に

住宅購入を考える前に、

現在の預金や、家計の状態を

チェックしましょう。

貯金がない、

ボーナスで補っている場合は、

優先的に家計を

改善しましょう。
 

●収入と支出だけでなく、

住宅を購入するとしたら、

初期費用がいくらまでだせるか

●毎月のローン返済額はいくらか

をチェックしてください。

どうしたらいいのかわからない場合は

ファイナンシャルプランナーや

資金計画アドバイザーなど

お金のプロに相談しましょう。

 

◆住宅ローンの組み方は?

実際に一般的な

65歳以降の生活は

楽なものではありません。

老後の生活を見据え、

住宅ローン返済を行うのは、

無理があると考えられます。

まずは、

住宅ローン完済の年齢設定を、

65歳までと考えましょう。

また

定年が60歳の場合は、

住宅ローンも60歳までに

完済すると設定しましょう。

そして、

いくらまでなら家づくりの

資金にできるのか

どのタイプの住宅ローンを

組めるのかを考えましょう。

◆ローン返済

現在は超低金利時代ですので

住宅ローンを低金利で借りることが

できます。

余剰資金は、

預貯金しておくのではなく、

繰り上げ返済で

完済時期を前倒しにすることを

おススメします。

その場合、

繰上返済手数料がかからない

金融機関や住宅ローン商品を

選択しましょう。
 

◆まとめ

今回お伝えした方法が

必ずしも正解ではありません。

自己資金が足りないときには、

自己資金を貯めつつ

不動産価格が下がるのを待つことなど

色々な方法を検討しましょう。

条件のいい土地や物件は、

また出てくる場合があるので

焦らずに待つことも大事です。

また、住宅を購入し

生活がはじまりましたら、

繰上返済や借り換え、住み替え、

リバースモーゲージなど

その時の最良の方法が

選択できるように

情報を持つことが大切です。

また

お金のプロである

資金計画アドバイザーや

ファイナンシャルプランナーに

相談しましょう。

それでは、また!!