column

住宅コラム

■ 今週のTOPIC「地盤調査で安心を!!」

  • 2022.2.12

◆地盤調査とは

 

住宅の基礎や建物の構造が

どんなに丈夫であっても

その土地の地盤が弱ければ

不動沈下などにより、

住宅が傾いてしまいます。

 

地盤調査とは、

建物を建てる前に、

その土地の地盤の性質・固さを

調査することです。

 

土地を購入した際に、

その地盤の強さは、

調査しなければわかりません。

 

地盤調査は、

法律で義務付けられており

この調査により、

地盤強度が判明し

家を建てても地盤沈下の心配がないか、

どのような地盤改良が必要なのかを

調べます。

 

地盤改良とは、

建てる家の重さに地盤が

耐えられる固さに改良する工事です。

 

現在の住宅は

設備関係1つを取り上げても

重量が重くなっている事が多いので、

建替の際、以前の家は

改良の必要がなくても

調査結果によっては

改良が必要になる場合があります。

 

また、基本的に土地を購入する時点では、

地盤の強さを把握できません。

 

近くの土地の地盤が強いとしても

実際に調査しないと

地盤の正確な強さは、

確定できないのです。

 

では

住宅で代表的な3つの

地盤調査の方法を紹介します。

 

 

◆地盤調査の種類

 

 

  • 1 スウェーデン式サウンディング試験

 

最も採用されている地盤調査が。

スウェーデン式サウンディング試験です。

 

略して、SS試験やSWS試験と

言われております。

 

約5~10万円程度の費用が一般的です。

 

試験の方法は、地盤に

鉄の棒を機械で回しながら差し込み、

かたさ・ゆるさ・沈み方で、

地盤の強さを判定します。

 

敷地の4隅と

中央1箇所の

合計5箇所を調査します。

 

作業時間は約半日程度です。

 

費用も安いため、

数多く採用されています。

 

注意すべき点としては、

地耐力は計測できますが、

土質を調査することできません。

 

そのため、

SS試験に土質調査を追加する方法を

採用しても良いでしょう。

 

地質調査をいれても、

地盤調査では、安い費用です。

 

 

  • 2 ボーリング試験

 

最も基本的なのが、

ボーリング試験です。

 

住宅などの小規模から

ビルやマンションなどの大規模建築まで

様々な現場に採用されています。

 

住宅の場合の費用は

約20~30万円程度です。

 

試験方法は、

やぐらを調査ポイントに組み、

中空の鋼管を掘削しながら

沈めていきます。

 

鋼管へ打撃を与えて

地盤の抵抗値を図りながら、

中の土を採取し、

そこから土質を

確認する試験方法です。

 

信頼性が高く

地耐力と土質を

同時に調査することが可能です。

 

デメリットは、

スペースが必要であったり、

調査機械が大掛かりなため、

費用が高くなります。

 

 

  • 3 表面波探査法

 

起震器と呼ばれる振動を

発生させる装置と、

振動を捉える検出器を

地面に設置し、

地面に発生した振動の伝わる速さで

地盤の正確に測る方法です。

 

費用は約15万円程です。

 

比較的短時間にて

調査することができます。

 

測定器の設置方法や

調査担当者の技量、

地中の空洞や埋設物によって、

測定結果が左右されやすい点に

注意が必要な調査方法です。

 

 

◆まとめ 地盤調査の結果

 

先ほどお伝えした通り

土地を購入する場合、

周辺の地盤が強くても

その土地の地盤の

正確な強さはわかりません。

 

もし、地盤調査の結果、

判定が悪かった場合は、

地盤改良が必要となります。

 

地盤改良の費用は、

約100万円~150万円程度と

言われております。

 

予備の費用として

この金額を見込んでおくと

良いかもしれません。

 

家づくりには、

家具を新しくしたりなど、

なにかとお金が必要に

なるものですので、

予備費という考えを

検討しましょう。

 

もし、

地盤改良が必要なかったら、

費用を他に回せますので。

 

それでは、また!!