column

住宅コラム

■ 今週のTOPIC「基礎工事は大切です!!」

  • 2022.3.12

◆基礎工事とは、

 

基礎工事は、

建物(家)と地面のつなぎ目である

「基礎」をつくる工事です。

 

家が傾いたり沈んだりしないように、

建物の重さや力を地盤に伝達し、

構造物を安全に支える機能をもつ

「基礎」をつくります。

 

家づくりは、土台が大切です。

 

この土台が、「基礎」となります。

 

基礎の強度によって、

家の耐震性や耐久性は

大きく左右されます。

 

基礎に強度がないと、

地震などの際に

家が倒壊する危険性が

高まります。

 

安心して住み続ける家づくりには、

基礎工事はとても重要な要素となります。

 

◆基礎工事の種類

 

基本的に基礎工事は、

鉄筋とコンクリートで造られます。

 

住宅の基礎工事としては、

ベタ基礎、布基礎、独立基礎

となります。

 

最近は、ベタ基礎が主流です。

 

コストの面などで、

布基礎も人気があります。

 

また、前回お伝えした、

地盤調査の結果により。

表層改良や柱状改良、鋼管杭など 

「地盤改良と基礎工事」を行うことを

含めると、6つに分類できます。

 

 

  • ベタ基礎

 

ベタ基礎は、住宅での基礎工事の

最もポピュラーと言えます。

 

住宅の土台となる部分に

コンクリートを敷きつめて、

面で支えるように基礎をつくります。

 

特徴は、安定性が高く、

地震の際の揺れや、不同沈下を

防ぎやすいことです。

 

地面からのシロアリの侵入を

防げるといったメリットがあります。

 

 

  • 布基礎

 

布基礎は、

ベタ基礎のように

床下全体にコンクリートを

敷きつめるのではなく、

外壁部分を加工用に

壁や柱で中心を支える工事です。

 

日本の木造建築住宅で

昔から採用されています。

 

ベタ基礎が

「面」で建物を支えるのに対し、

布基礎は「点・線」で

建物を支えます。

 

布基礎はベタ基礎に比べて

使用するコンクリートや鉄筋が少なく

基礎の軽量化とコストを安く抑えられる

メリットがあります。

 

 

  • 独立基礎

 

独立基礎は、建物の柱を

単独で支える工事です。

 

最近では、建物全体を

独立基礎で行うことはほとんどなく、

住宅では、基本的に

玄関ポーチの柱など

部分的に使用されます。

 

 

◇地盤改良と基礎工事

 

  • 表層改良+基礎工事

 

表層改良は土地の表面から

2m以内の深さに軟弱な地盤がある場合、

表面に固化材を混ぜて

地盤を改良する工事です。

 

地盤改良が出来上がった後に

基礎工事を行います。

 

  • 柱状改良+基礎工事

 

柱状改良は表面から

2m〜8m以内の深さ

軟弱な地盤がある場合、

必要な箇所に柱上の建材を打ち込むか、

セメントミルクや天然石を打ち込み

土の密度を上げ、

地盤を改良する工事です。

 

柱状改良ができた後に

基礎工事を行いますが、

柱状改良は、建物の工法も含めて考え、

ふさわしい支柱を打ち込んでいきます。

 

 

  • 鋼管杭+基礎工事

 

鋼管杭は柱状改良よりさらに深い、

8m以上の深さに

軟弱な地盤がある場合に

使われる工事です。

 

湿地帯や地下水脈のある土地では、

この工法を採用しており、

強い地盤にまで鋼の杭を打ち込み、

地盤の改良を行います。

 

 

◆基礎工事の流れ

 

基本的な

基礎工事の流れは、

 

・地縄を張り、堀削工事を行う

 

・基礎が配置される部分の地面に

 砂利・砕石を敷き詰めてつき固める

 

・湿気対策として、防湿シートを敷く

 

・捨てコンと呼ばれるコンクリートを

 砂利にかぶせる

 

・配筋工事をする

 

・基礎の形にあわせて型枠をつくる

 

・型枠にコンクリートを流し込む

 

・コンクリートの強度が固まったら

 型枠を外し、仕上げ作業を行う

 

となります。

 

 

基礎工事の期間は、

季節や作業の工程にもよりますが、

約1か月くらいです。

 

また、基礎工事の前に

前回紹介した地盤調査を行い、

結果によっては、

地盤改良や杭打ち工事を行ったうえで

基礎工事を行います。

 

 

◆まとめ

 

軟弱な地盤が多く地震の多い日本では、

基礎工事が非常に重要になります。

 

基礎は地震のときの揺れや

不同沈下から住宅を守り、

家の寿命を左右する重要な要素です。

 

いい家を建てたとしても、

基礎がしっかりしていなければ、

意味がありません。

 

基礎工事は、安心安全を支える大切な

工事なのです。

 

それでは、また!!