column

住宅コラム

■ 今週のTOPIC「家づくりのSDGs!!」

  • 2022.4.17

最近、ニュースなどで

取り上げられることが多い

SDGs

 

様々な企業が取り組み、

話題になっております。

 

住宅業界でも、

ハウスメーカーをはじめ、

工務店・ビルダーなど

SDGsに取り組む会社が

増えております。

 

今回は、

家づくりでのSDGsに関して、

お伝えします。

 

 

◆SDGsとは

 

SDGsとは

【Sustainable Development Goals】の

略称です。

 

日本語でいうと

持続可能な開発目標

という意味です。

 

2015年、国連サミットで決められた

17の目標と169のターゲットを

2030年までに達成しようという

国際目標です。

 

少し前の企業の社会的責任(CSR)の

流れから様々な企業が

SDGs17の目標を

達成するための取り組みを

行っております。

 

 

▼▽SDGs17の目標はこちら▽▼

https://www.un.org/sustainabledevelopment/sustainable-development-goals/

 

 

◆工務店・ビルダーのSDGs

 

工務店・ビルダーが、

SDGsを取り組むこと=

家をたてること

その家が、

・どう環境にやさしいのか

・家をつくる過程で地球環境に

 どう貢献しているのか

などを明確にすることができます。

 

元々、

地域貢献や

環境に配慮した家づくりを

行っている

地元の工務店やビルダーは

数多くいます。

 

このような取り組みを

今、注目されている

SDGsという枠の中で、

行うことにより、

お客様・お施主様に

わかりやすくアピールすることが

できます。

 

そのほかでは、

資金調達や採用の面で

有利になりますが、

皆様には、あまり関係性がないので

割愛いたします。

 

 

◆家づくりでのSDGs

 

では、家づくりに直結する

SDGsに関してです。

 

17の目標のすべてを

行うことは不可能ですので、

その中から、工務店やビルダーが

取り組むことが可能な

目標をお伝えします。

 

 

  • 環境にやさしい資材を

 

⑥ 安全な水とトイレを世界中に

⑦ エネルギーをみんなに

  そしてクリーンに

⑮ 陸の豊かさも守ろう

 

ZEHやスマートハウスなどは、

SDGsの⑦の目標に

一致した取り組みです。

 

また、国産の材木や

地元の材木を使用して

家づくりを行う場合も

⑮の目標に一致します。

 

⑥の目標は、

家づくりに限らず、

日本の企業であれば、

ほとんど取り組んでおります。

 

地元の工務店やビルダーは

いずれかの形で、

携わっていることが多いのですが、

SDGsをあげることで

お客様にわかりやすく伝えることが

できるのです。

 

 

  • 地域への貢献

 

⑪ 住み続けられるまちづくりを

⑫ つくる責任 つかう責任

⑬ 気候変動に具体的な対策を

 

SDGsには、地域への貢献の

目標があり、それがこの3つです。

 

工務店やビルダーは、当然ながら

地元への街づくりや

資金計画などのライフスタイルに

関わっておりますので、

自然と⑪と⑫には、

取り組んでおります。

 

⑫⑬に関しても、

自然素材系の製品などを

使用している場合に

関わっていることが多いです。

 

自然素材系の建材は、製造工程で、

熱の使用温度などが低かったりと、

素材そのものを

活かすことが多いので、

使用することにより

CO2の削減などの

活動を自然と行っております。

 

また、国産や地元の材木を使うことも

輸送コストが抑えられるので、

自然とCO2削減の活動となります。

 

その他にも、

製造工程だけでなく、

建材によっては、

SDGsの目標に

一致しているものが

多くあります。

 

CO2の削減を含め、

異常気象などの

自然の災害に対応するものなど、

細かくみると

家づくりのSDGsは、

意外と多いのです。

 

 

  • 働く環境

 

⑤ ジェンダー平等を実現しよう

⑧ 働きがいも経済成長も

 

工務店やビルダーに限らず、

女性の働く環境や、

労働時間の短縮や効率なども

SDGsの目標のひとつです。

 

また、ITツールを活用し、

現場管理や工程管理の

効率化をおこなっている

工務店やビルダーも

数多くおりますので、

こちらもSDGsの目標に

含まれております。

 

また、家は、

ひとつひとつ、同じでは

ありませんので、

働く環境が整備されることで

家づくりの制度が上がると

考えられます。

 

 

  • その他

 

17の目標の中の

8つの目標が

分かりやすく

家づくりに当てはまるので

お伝えしましたが、

まだまだほかのテーマを

工務店やビルダーの

取り組み方によっては

一致するものがあるかも

知れませんので、

ご注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

SDGsを考慮した

家づくりを行うことで

工務店やビルダーだけでなく

お施主・お客様も

環境への配慮は

分かりやすくなります。

 

特に地域に密着した

工務店やビルダーは、

環境に良い家づくりを行っていたり

地域の街づくりに貢献したりと

既存の取り組みで

SDGsを行っております。

 

大切なのは、

SDGsの取り組みを

アピールしていることではなく、

自然と日常で取り組んでいる

工務店やビルダーと

家づくりを行うことだと思います。

 

環境に配慮した

家づくりを行いたい方は、

参考にしていただければと

思います。

 

それでは、また!!