column

住宅コラム

■ 今週のTOPIC「無垢のフローリングとは!!」

  • 2022.6.18

家づくり(新築・リフォーム)で

使用する床材のほとんどが、

木質系のフローリング材です。

 

木質系フローリングには、

無垢材(単層)と

複合(複層・集成材)があります。

 

一般的には、

複合のフローリング材が

多く採用されておりますが、

無垢材のフローリング材にも

最近は注目が集まっています。

 

 

◆無垢材とは

 

無垢材は、

天然の木を切り出し、

一枚の板に加工したものです。

 

天然・自然の木ですので、

独特の風合いや肌触り、

木目の美しさや色味などが

魅力とされています。

 

特にフローリング材として

使用する場合は、

木のぬくもりを、

素足で感じられることが

人気であり注目を集めております。

 

 

 

◆複合(複層・集成材)との違いは

 

複合(複層・集成材)は、

薄い木の板を接着剤などで

貼り合わせた床材となり、

人工的な木材です。

 

この複合に対して、

天然・自然な木材(床材)が

無垢材となります。

 

 

◆無垢材のメリット

 

無垢材は、自然の木材なので、

空気を多く含んでおります。

 

そのため、

断熱性や保湿性が高くなり

調湿性能にも優れております。

 

湿気の多い夏場などは、

余分な湿気を無垢材が吸収し、

素足でもベトベトしません。

 

冬などには、保温性が高いので

足元が温かく感じますし、

湿気が少なくても

床自体が保湿するので、

静電気を抑える効果があります。

 

また無垢材は、

弾力性も高いので、

足腰への負担も

少ないといわれております。

 

メリットというか魅力となりますが、

無垢材は、

時間が経てば経つほど、

艶や色味などが変化していきます。

 

1年・5年・10年と

艶や色味を楽しめ、

家族とともに変化していくのです。

 

 

◆無垢材のデメリット

 

無垢材の魅力は、

時間が経てば経つほど

味がでるとお伝えしましたが、

逆に、そこがデメリットになる場合が

あります。

 

湿度の変化により、

膨らんだり縮んだりしますので、

時間が経つと

反ったり、割れることがあります。

 

新築の施工時に

無垢材の水分を限りなく抜いたり

特殊な加工をしたりと

対策を練ったものもありますが、

基本的には、反る、割れる

という可能性は否めません。

 

また、無垢材は、

自然の木、そのものですので

傷もつきやすいですし、

水にも弱いです。

 

ですので、

お手入れやメンテナンスも

必要となります。

 

但し、

上記のことも

経変変化の味わいとして

無垢材を選ばれる方もいます。

 

 

◆無垢材の種類

 

無垢材の種類は、

広葉樹と針葉樹の

2つの分類に分けられます。

 

 

  • 広葉樹系

 

広葉樹は、固く重いので、

傷が付きにくく、強度があります。

 

・オーク ナラ 

・ビーチ ブナ

・チーク

・メープル

・ウォールナット

・パーチ カバ

・タモ

 

広葉樹系の床の無垢材は、

種類の名称でもわかる通り、

外国産材が多いです。

 

強く固く、

傷が付きにくいので、

家の中(内装)の床もですが

ウッドデッキなどの外部にも

無垢材として採用されることが

あります。

 

 

  • 針葉樹系

 

軽くて柔らかいので、

心地よい歩行や足の触りが

特徴です。

 

・スギ

・ヒノキ

・パイン

・アカマツ

 

基本的に、

日本の家づくりでの床の無垢材は、

針葉樹系が多いと思います。

 

日本は針葉樹が育ちやすい

環境も影響しており

スギやヒノキは、床材に限らず、

日本の木造住宅の家づくりでは、

かかせない材木となります。

 

また、ヒノキの床の無垢材は、

住宅だけでなく、

神社やお寺などで

昔から広く採用されております。

 

◆無塗装と塗装済み

 

無垢材のフローリングは、

無塗装と塗装済みがあります。

 

無塗装の場合は、

現場にて塗装を行います。

 

その際は、お施主さまの

好みに合わせて、色や塗装の種類を

選ぶことができます。

 

塗装済みは、

そのまま床に貼ることになりますが、

最近は、お洒落な塗装

(アンティーク・ビンテージなど)

を施しております。

 

 

◆塗装の種類

 

また、無垢材を塗装する種類ですが、

大きく2つに分かれます。

 

  • オイル仕上げ

 

無垢材ならではの質感を

そのまま感じることができます。

 

天然・自然の無垢材ですので、

オイルも自然の素材を

(植物油など)

原料としたものが多いです。

 

また、無垢材にオイル(油分)を

浸透させるので、

床の表面に膜がないので、

傷はつきやすいのですが、

調湿性があります。

 

 

  • ウレタン塗装仕上げ

 

ウレタンを塗りますので

無垢材の表面に

薄いウレタンの膜ができます。

 

耐久性が高いので

傷に強くお手入れは楽です。

 

但し、無垢材の質感は、

感じることができない場合があります。

 

 

◆お手入れ

 

無垢材の種類・

塗装仕上げの種類などにより

お手入れやメンテナンスの方法が

変わります。

 

 

  • オイル仕上げの場合

 

汚れや水に弱いので、

こまめなお手入れが必要ですし、

定期的、一年に一回ほど、

オイルを再塗布することが必要です。

 

 

  • ウレタン塗装仕上げ

 

傷や耐久性は

オイル仕上げより強いので、

お手入れは楽になります。

 

しかし、傷の度合いにもよりますが、

数年ごとに再塗布は必要です。

 

 

◆まとめ

 

今回お伝えした

フローリングの無垢材ですが、

集成材にはない魅力があります。

 

年が経てば経つほどの変化がおこり、

味わい深くなることや、

調湿効果・足ざわりなど

様々な魅力があります。

 

傷に弱かったり、

反ったり・割れやすかったりと

デメリットと

思われることもありますが、

無垢材を採用された方は、

そこも味わいの魅力の一つと

感じているみたいです。

 

家は、

一生で一番大きな買い物のひとつ

ですので、

末永く幸せに家族と暮らします。

 

そんな末永く暮らす家だからこそ、

時の流れとともに変化する

無垢材を採用してみては

いかがでしょうか!

 

それでは!!