column

住宅コラム

■ 今週のTOPIC「住宅ローン長期固定金利!」

  • 2022.8.27

日本銀行の

ゼロ金利政策の影響から

過去にない低金利の現在、

住宅ローンが

組みやすくなっております。

 

住宅ローン商品では、

金利1%を切る

変動金利が人気ですが、

今後金利が上る可能性が、

非常に高いために

長期の固定金利やフラット35を

選ぶ方も増えてきました。

 

そこで、今回は

長期の固定金利に関して

お伝えします。

 

◆長期固定金利とは

 

住宅ローンの長期固定金利は、

全期間固定金利型住宅ローン

と正式にはいわれております。

 

全期間固定金利とは、

住宅ローンを借りてから

完済するまで、

金利が変わらない

住宅ローン商品です。

 

金利が変わる可能性のある

変動金利に比べると、

返済計画が立てやすいということが

特長です。

 

しかしながら、

期間が長くなるほど、

金利が高い設定になります。

 

期間にかまわず、

また、変動金利より、

金利が高く設定されています。

 

長期といわれる期間は、

15年・20年・25年・30年・35年・50年

などになります。

 

ちなみに、30年以上の

固定金利は、

超長期固定金利型住宅ローンとも

呼ばれています。

 

 

◆フラット35

 

長期固定金利の中には、

フラット35という住宅ローン商品が

あります。

 

フラット35は、

民間の金融機関と

住宅金融支援機構が

提携して提供する

長期固定金利型の住宅ローンです。

 

新築の住宅の建築と

新築の住宅の購入や

中古住宅の購入に

利用可能な住宅ローンです。

 

フラット35は、

基本的に、

民間の金融機関より、

金利が低い設定と

なっております。

 

大きな特徴は、

最長35年までの長期固定金利

保証料金なし

繰上返済手数料なしが

特徴です。

 

また、審査が通りやすい事も

特徴です。

 

これは、民間の金融機関との

審査方法の違いがあげられます。

 

民間の金融機関の

線期間固定型の住宅ローンは

申込者の

勤務先・勤続年数・年収などが

審査する基準となります。

 

フラット35の審査基準は、

申込者の返済能力よりも、

物件の性能を重視します。

 

その他にも、

団信(団体信用生命保険)への加入が、

民間の金融機関では、

義務付けらえてますが

フラット35は、任意になります。

 

また、借入額も

民間の金融機関は、1億円以下

となりますが、

フラット35は、8000万円以下

となります。

 

長期の固定金利を選ぶ場合、

民間の金融機関か

フラット35かを選ぶかは、

住宅ローン申込者の

状況によりますが、

金利が低いフラット35を

検討しましょう。

 

 

◆全期間固定金利は、

 こんな人にオススメです。

 

 

・金利が上昇するリスクを回避したい

 

変動金利の場合、

金利が上昇すると

住宅ローンの返済額が

増えてしまいます。

 

このようなことが苦手な方は、

全期間固定金利を選びましょう。

 

 

・金利の動向をチェックするのが手間

 

短期プライムレートに連動して、

金利は上下しますが、

全期間固定金利なら影響を受けません。

 

 

・子育ての費用がこれからかかる

 

これから子育ての費用がかかる

見込みがある場合、

毎月の返済金額が固定される

全期間固定金利なら安心です。

 

 

・返済を計画的に行いたい

 

全期間固定金利の金利設定は、

変動金利より高めの設定です。

 

当然、住宅ローンの

総返済額は、変動金利より

高くなります。

 

それでも、計画的な返済を

行いたい場合は、

毎月の返済額が固定される、

全期間固定型が安心です。

 

 

◆まとめ

 

変動金利・固定金利

そして今回の

全期間固定金利を

お伝えしてきましたが、

実際に住宅ローンを選ぶ場合は、

皆様の返済への考え方が

ポイントになります。

 

返済総額をより少なくしたいなら

変動型金利です。

 

計画的に返済を行いたいなら、

全期間固定金利です。

 

まずは、固定金利で

様子をみたいなどは、

10年固定金利です。

 

また、全期間固定金利を選ぶ場合、

民間の金融機関か

フラット35かの選択となります。

 

条件などございますが、

審査が通りやすく

金利が低いフラット35は、

検討する価値があると思います。

 

どのタイプの

住宅ローンを選ぶとしても

金利の低い現在は、

住宅ローンが

組みやすくなっております。

 

家づくりは、

一番大きな買い物のひとつです。

 

住宅ローンを利用する場合は、

家づくり=住宅ローンが

人生で一番大きな買い物となります。

 

ですので、

後悔のなくご自身が納得する

住宅ローンを選びましょう。

 

それでは!また!!